ロバート・M・ディーターズ 神父
Robert M. DEITERS (中国名:廸特思)

イエズス会中国センター 協力司祭

 

   Father Robert Deiters, a Jesuit Catholic priest, came to Japan as a missionary in 1952. During his career he has been a professor in Sophia University and an administrator for the Society of Jesus in Japan.

   In 1984, in response to a request, he began to sponsor a monthly gathering for Chinese Catholics. Otherwise occupied and unable to speak Chinese, Fr. Deiters turned this work over to Fr. Christian Cochini in 1989 who was pastor of the Jesuit China Center until 2000.

   In 2001, Fr. Deiters, by then retired from Sophia University, became the Director of the Center, coordinating the work of several Chinese-speaking priests and staff members. Inspired by the life and personal friendship of several Chinese, in this way he tries to contribute in a small way to the evangelization of China.

 ロバート ディーターズ神父はカトリックの宣教師の身分で1952年以来日本に滞在しています。上智大学での教職および日本のイエズス会の本部経営に携わっていました。

 1984年に依頼されて中国人信者のため、毎月一回、礼拝ミサを主催しはじめました。1992年にコシーニ神父(イエズス会)の指導の下でイエズス会中国センターが設立されました。

 2001年にディーターズ師はセンター長に任命されました。特別な資格(言語、中国での経験)などがないのに中国人の友人、中国の教会のために貢献できることなら幸せだと思っています。

<後記> 2012年4月より、イエズス会中国センター所長がロバート・ディーターズ師から井上潔師に代わりました。


スタッフ紹介 日本語トップ | ホーム |