イエズス会中国センターは、中国関係カトリック共同体への奉仕を目的とし、中国語(または、日本語)および種々のセンター活動によって、個人の信仰生活および共同体の発展に寄与します。また同時に、東京大司教およびイエズス会日本管区長の指導のもとで、日本カトリック教会と中国の教会の橋渡しをし、中国人と日本人の信者の共同体意識を深めることを目的とします。

なお日常のセンター運営は、イエズス会中国センターのスタッフとの協議のもとで行い、上野教会主任司祭および同信徒委員会の協力をあおぎながら活動します。
   
  中国センターの役割
  1) 主日および祝祭日のミサ
  2) ミサ後の交流
  3) 信仰講座、聖書講座
  4) 諸秘跡の準備、執行(結婚への準備と挙式など)
  5) 黙想会および信仰生活の助けとなる活動と指導など
  6) 情報による中国と日本の教会の橋渡し(ニュースレター『友誼の声』発行、ホームページなど)
   
  付随する奉仕
  1) 必要に応じての通訳(中国語<―>日本語)
  2) 施設および行政機関との交渉支援および訪問(依頼に基づく)
  3) 中国教会に関する情報収集
  4) ザビエル会(中国教会の友好関係を育む有志の会)との連帯
  5) 上野教会(中国センター事務局および聖堂の場所提供者)との連帯
  6) カトリック中央協議会との情報交換
  7) 東京の諸国語カトリック共同体との友好関係、情報交換
     
  中国センターは上記を使命の範囲とし、下記の分野に広げない
  1) 就職斡旋、就職に関する情報収集
  2) 臨時の宿泊提供、住居の斡旋、保証人の世話
  3) 社会福祉機関としての働き
  4) 社会福祉のケースワーカーの働き

日本語トップ |ホーム |